新しい家族として猫を迎え入れるとき、動物愛護の観点から保護猫を選ぶのも選択肢のひとつ。保護猫活動に取り組む人たちの思いとともに、2つの施設を紹介します。


猫とのふれあいが、保護猫活動の支援に

猫たちが喜ぶキャットタワーやキャットウオークが随所に設置された店内は、まるで猫の楽園

 

猫たちのケガに配慮して、利用者がおもちゃで遊ぶのはNG(写真はスタッフが遊ばせている様子)

 2月22日のネコの日にオープンしたばかりの「フラットプラス&Myao」は、日本初となる猫カフェを併設した新車のサブスク事業拠点。店内の約6割を猫カフェが占め、広々としたスペースで約30匹の保護猫たちがのびのびと過ごしています。運営するのは、県内でガソリンスタンドなどを展開する木寺石油。同社は社会貢献活動として、2015年より「木寺石油保護ねこ課 福にゃん」を設け、保健所から猫を引き取って里親を探すボランティア事業を行っています。

愛情いっぱいに猫たちの世話をする店長の古賀英樹さん(左)とスタッフ

 「猫カフェ目当てのお客さんも多く、休日ともなれば1日で100人以上が来店したことも」と話す店長の古賀英樹さん。利用者は1000円の協力金を支払って、1時間たっぷり猫たちとふれあうことができます。協力金はえさやトイレ砂代など猫たちの飼育費用として活用され、余剰金が出た場合は他団体へ活動費として寄付されます。「譲渡を希望する人は必ず2回は来店してもらい、2週間の自宅トライアルを経て正式な譲渡となります。初めて猫を飼うときは不安もあると思うので、譲渡後も電話やZoomなどで状況を確認し、さまざまな相談にも応じています」と古賀店長。すでに12匹の保護猫たち(5月下旬現在)が新しい家族に引き取られ、小さな命を守る活動につながっています。同社が目指しているのは、2025年までに県内の殺処分をゼロにすること。将来的には地域の養護施設などを訪問し、猫とのふれあいを提供したいと考えています。

約30匹の猫たちは柄も性格もさまざま。自分と相性の良い猫を探してみて
人間に警戒心を持つ猫も多い。無理やり抱きかかえようとせず優しく見守ることも大切

 

 

フラットプラス&Myao
住/佐賀市兵庫南3‐3‐13
電/0952‐97‐8411
営/10:00‐19:00
  猫カフェ~17:00(受付16:00まで)
休/水曜  
料/協力金1000円(60分) ※フリードリンク
他/猫カフェ入店は小学生から
  小中学生は保護者同伴


2匹の看板猫がお出迎え

看板猫のトム(上)とショウの兄弟。新しく入ってきた保護猫たちの面倒もみてくれる

 

ケージが設置されたキャットルーム。通院や災害時にストレスを感じないようケージに慣れさせておくのが目的

 佐賀県内で保護した犬や猫を新しい飼い主に譲渡するための専用施設として、2015年にオープンした犬猫譲渡センター。犬猫の殺処分低減を目指した県の取り組みの一つで、公募で名付けられた「いっしょけんね」という施設名には、「最後まで一緒だよ」という思いが込められています。同施設の取り組みの成果もあり、2014年度に県内で946匹だった殺処分数も、2020年度は194匹(速報値)まで減少。「とくに最近は猫の人気が高く、子猫や人懐っこい性格の猫はすぐに引取られていきます」とスタッフ。
 猫たちは三瀬村にある県動物管理センターを経由し、ワクチン接種や健康状態を確認したうえで「いっしょけんね」にやってきます。譲渡可能な猫がいる場合はFacebookで紹介され、目当ての子が見つかれば、完全予約制で実際にふれあうことができます。正式に譲渡が決定したら、猫たちが新しい家族のもとで安全で健やかに暮らせるように、マイクロチップの装着(1050円の登録代は自己負担)や不妊去勢手術費の助成を行っています。

愛情をもって動物の世話をするスタッフの皆さん

 「2匹の看板猫もいるので、猫とのふれあいを楽しみたいという人も気軽に立ち寄ってください」とスタッフ。事前予約すれば30分間無料でふれあえるとあって、猫好きにはたまらないスポットです。

 

 

 

保護された子猫たち。子猫は遊び好きで元気いっぱいなので、落ち着いた成猫を希望する人も
スタッフの励みになっているのが、譲渡先の家族から送られてくるお礼の手紙や写真の数々


佐賀県犬猫譲渡センター「いっしょけんね」

 

住/武雄市武雄町富岡12724‐4
電/0954‐23‐0532
営/8:30‐17:15
  犬猫の見学時間(完全予約制)
  10:00‐12:00、13:00‐16:00
  ※小学生以下は保護者同伴
休/土・日曜、祝日、年末年始
  ※毎月第2土曜、第4日曜は開館
  (見学時間は10:00‐13:00)
他/家庭で飼えなくなった犬猫や捨て犬・猫の引き取りは不可

このエントリーをはてなブックマークに追加