コロナ禍でおうち時間が増えるなか、癒やしの存在として注目を浴びるペットたち。なかでも猫は、犬の飼育頭数を上回るほどの人気で、SNS映えするフォトジェニックな姿にメロメロな人も多いはず。しかし忘れてならないのは、動物はかわいいだけでは飼えないということ。出会いから一緒に暮らすまで、猫と人との幸せな関わり方について考えてみませんか。

 

猫を飼うということ 

 「猫が好きだから」「かわいいから」など安易な気持ちで飼い始めると、面倒を見られなくなって飼育放棄につながることも。猫を飼う前に知っておきたいアレコレを、佐賀の猫カフェの草分けともいえる「猫カフェ コロン」の店主・内野香織さんに教えてもらいました。

猫の性格・魅力は?

ポーのかわいさは、猫好きなら共感すること間違いなし!

 人間と主従関係のある犬とは違って、猫は一緒に生活をするパートナーという感じ。犬は散歩をしたりシャンプーをしたり、常に世話が必要ですが、猫はそれほど手がかからず、付かず離れずといった適度な距離を保ちながら一緒に暮らせます。猫はストレスを感じやすい生き物なので、過度なスキンシップは苦手。もちろん甘えん坊な性格もいますが、基本的には自由気ままに過ごす子が多いので、人間の都合ではなく猫の都合にあわせて生活しましょう。

プックリとしたひげ袋もキュート

 見た目の魅力は、なんといっても一つひとつのパーツが美しいこと。例えば、「ポー」と呼ばれる足先の膨らみ部分。クリームパンのような形をした足元は、座っているときも立っているときもかわいらしく、見ているだけで幸せな気分になります。ひげ袋と呼ばれる、ひげを支えるプックリしているパーツも魅力的。ひげは猫のセンサーみたいなもので、興味があるものに反応します。ひげをピンと前に伸ばしているときは、ひげ袋も膨らむのでじっくり観察してみましょう。
 もちろん、ビー玉のような瞳も、尻尾をあげて優雅に歩く姿も美しい。抱き上げたときのやわらかさや、飼い主の体に顔をすりつけたり、のどをゴロゴロ鳴らしたり、猫ならではのかわいい仕草は見るたびに愛しさが増します。

猫の毛色や模様は多彩

色は関係なく、額が“八”の字の模様になっているのがハチワレ

 猫の毛色や模様はバラエティー豊か。それぞれに呼び名があり、黒いしま模様の「キジトラ」や、赤褐色のシマ模様が入った「茶トラ」。ほとんどメスにしか見られないのは、白地に茶と黒の毛が混じった「三毛」、黒に茶が混じった「サビ(別名ベッコウ)」です。ユニークなネーミングでは、魚のサバに似たシルバーグレーの毛色に黒のシマ模様が混じった「サバトラ」や、黒に茶色のシマ模様が入った「麦わら」、額が八の字のように2色に分かれた「ハチワレ」などがいます。
 茶トラは人懐っこくて飼いやすい、メスは子育てをするから気が強く、去勢したオスは甘えん坊など言われますが、一概には言えません。人間と同じで、生まれ持った性格は十人十色ならぬ「十猫十色」です。

猫を飼う心構え・準備

 まずは、猫の習性や体の仕組みなどを知ったうえで、猫を飼うことが自分の生活環境と合うかどうかを考えましょう。日中家に誰かいるか、一人暮らしであれば、何かあった時に世話をしてくれる人がいるかなどが考慮すべきポイント。子どもや高齢者がいる場合は温厚な性質の猫が望ましいし、元気な子猫にするか、落ち着いた成猫にするかという選択もあります。
 室内飼育では住環境を整えることも重要です。室内に放すと家中を探索して、慣れてくるといろんなところをかじったり、ひっかいたり、ひっくり返したりします。運動神経の良い赤ちゃんが、家の中をうろうろしていると思ってください。
 猫も大切な家族の一員です。飼う前に家族みんなでよく話し合い、最期をみとるまで一緒に暮らす覚悟をもって迎え入れましょう。

飼う前に準備するもの
ケージ・トイレとトイレ用品・食器・フード・キャリーバッグ・おもちゃ・かじるもの(子猫の歯の生え替わりを促す)・爪とぎ・グルーミング用品(ブラシ・歯ブラシなど)・ベッドやマット・人間に邪魔されない場所 など


猫と出会うには

◇譲渡型の猫カフェ◇
 譲渡を目的に保護猫を集めた猫カフェ。実際に触れ合って里親を探します。「猫カフェ コロン」(佐賀市)、「フラットプラス&Myao」(佐賀市)など。

動物管理センター
 自治体が保護・引き取りした犬や猫を、飼養を希望する人に譲渡します。佐賀県動物管理センター(佐賀市)、佐賀県犬猫譲渡センター「いっしょけんね」(武雄市)など。

◇譲渡会◇
 保護猫の里親を探すために開かれるのが譲渡会です。動物愛護ボランティア団体「ハッピーボイス」などが開いているので、SNSやブログをチェックしましょう。

◇里親募集サイト◇
 里親を探したい人と里親になりたい人が個人的にやりとりするサイト。気軽に探せる一方でトラブルが発生することも。例えば不妊去勢手術の費用はどちらが負担するかなど、引き取った後にトラブルにならないよう注意が必要。

取材協力 

 

猫カフェ コロン
 2009年に佐賀県初の猫カフェとしてオープン。人懐っこい約10匹の猫たちはすべて保護猫で、新しい飼い主との出会いを待っている。小学生から入店可能で、中学生までは要保護者同伴。

住/佐賀市中央本町7‐8 豊博ビル2階
電/0952‐37‐8226
営/12:00‐20:00
休/月曜 ※臨時休業あり
料/30分900円(ドリンク付)~

教えてくれたのは

 

猫カフェ コロン 店主
キャットケアスペシャリスト
内野香織さん


 猫はストレスの生き物なので、自分の都合ではなく、猫の都合を優先しましょう。初めて猫を飼う人向けの飼い方教室も不定期で開催しています

 

 

最初
1/4
このエントリーをはてなブックマークに追加