佐賀市は、し尿を下水道管などで10キロ以上離れた施設に運んでバイオマス資源として活用する取り組みを始める。衛生センター(巨勢町)の敷地内で2日、し尿をほぼそのまま送水する新施設の建設に着手した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加