東京都立川市のホテルで男女が刺され死傷した事件で、警視庁立川署捜査本部は2日、男性への殺人未遂容疑で、現場から逃走したとみられるあきる野市の職業不詳の少年(19)を逮捕した。同市内で発見し、羽村市内で身柄を確保した。

 捜査関係者によると、「人を殺す動画を見て刺激を受け、無理心中を撮影しようと思ったが、女性に断られけんかになった。自分も死ぬつもりだった」と供述し、女性殺害もほのめかしている。捜査本部は殺人容疑でも捜査し、経緯や供述内容を慎重に調べる。

 捜査本部によると、女性は相模原市の風俗店店員(31)。司法解剖の結果、死因は失血死で刺し傷は約70カ所に上った。胸の傷は深さ約18センチで心臓を貫通していた。

 逮捕容疑は1日午後、立川市のホテルで風俗店店員の男性(25)の腹部を包丁で刺し殺害しようとした疑い。男性は意識不明の重体。少年は「逃げるために刺した」と容疑を認めている。

 ホテル内の防犯カメラには少年とみられる男の後に女性が入室する姿が写っていた。間もなく女性は職場に「盗撮です。すぐ来てください」と電話し、男性が駆け付けたところ腹部を刺された。

 少年とみられる男がホテルからJR立川駅まで徒歩で逃げた後、電車で昭島市の拝島駅に移動し、駅近くからバイクで逃走する様子が複数の防犯カメラに写っていた。

 捜査員が2日、似たバイクに乗った少年をあきる野市で発見、羽村市内で身柄を確保した。右手をトイレットペーパーで、左手をばんそうこうで手当てしており、凶器の包丁でけがをしたとみられる。(共同)

このエントリーをはてなブックマークに追加