高峰中野球部の部員14人と顧問の教諭

 唐津市の高峰中野球部は部員14人。少人数でチームの結束力がとても強く、技術よりも仲間を大切にすることをモットーとしている。「上下関係がなく、皆明るい。スポーツが苦手な子も、その子のペースに合わせて一緒にできるまで頑張る」と顧問の山口敏宏教諭。中学から野球を始めた生徒もいるが、経験年数に関係なくお互いにフォローし合っている。

 2019年の地区中学総体で3位の結果を残しており、今年は悲願の優勝を目指し練習に励んでいる。キャプテンの松林陽宏(あきひろ)さんは「笑顔があふれる最高のチーム」と誇らしげ。投手で副キャプテンの濱部海斗(かいと)さんは「悔いが残らぬよう、みんなを引っ張って勝利を勝ち取りたい」と固く誓う。(地域リポーター・森山絢子=唐津市北波多)

このエントリーをはてなブックマークに追加