杵藤地区広域圏市町村組合は2日、給食費の口座登録データの移行と口座引き落としに関するデータの入力に誤りがあったと発表した。対象者に連絡し、月内に対応するとしている。

 口座登録データの移行については、4月末に年度分を一括払いとする828件中、63件を各月払いにしていた。4月末に保護者から「1カ月分しか引き落とされていない」との指摘があり発覚した。対象者には5月分までは1カ月分を引き落とし、6月から来年3月までを一括で引き落とすことにしている。

 口座引き落としデータに関しては、転校などで削除が必要だった4件18400円分がそのままになっており、4月末に口座から引き落とされた。口座引き落としを希望していた2件9100円分の処理もできておらず、引き落としにならなかった。いずれも該当する市町から対象者に対し、納付や還付の連絡をした。

 同組合電子計算センターは「どちらもあってはならない人為的なミス。今後はより慎重にデータを点検し、業務を進めていく」としている。同センターは5月、システム提供業者のプログラミングのミスで、国民健康保険の負担割合や児童手当などに誤徴収があったばかり。(澤登滋)

このエントリーをはてなブックマークに追加