鳥栖署は2日、福岡県大野城市の50代男性が、マッチングアプリで知り合った女性から計150万円をだまし取られる詐欺が発生したと発表した。

 同署によると、4月下旬から5月26日までの間、男性はマッチングアプリで知り合った自称台湾人の女性から、会員制交流サイト(SNS)のメッセージなどで「治療費や仕事の資金が必要でお金を貸してほしい」などと話を持ちかけられた。

 男性は女性に指定された口座に、福岡市や鳥栖市で計4回、総額150万円を振り込んだ。男性は6月1日、女性にメッセージで返金を求めたところ「だましていた」と返信があり、翌2日に同署に被害届を提出したという。

このエントリーをはてなブックマークに追加