決勝・北陵-佐賀学園 無安打無得点試合を達成した佐賀学園の広橋礼貴=佐賀市のさがみどりの森球場(撮影・米倉義房)

 佐賀学園の主戦広橋が、速球を主体に切れのある投球で北陵打線を封じ、無安打無得点試合を達成した。

 佐賀学園は二回、2死満塁から敵失と3番坂井の適時打で3点を先制。八回には8番広橋の右越え二塁打で1点を追加した。野手も無失策で広橋を支えた。

 北陵は二回、三つの四死球で2死満塁の好機をつくったが後続が抑えられ、三回以降も四つの四球を選んだものの、得点圏に走者を進められなかった。

このエントリーをはてなブックマークに追加