決勝・北陵-佐賀学園 無安打無得点試合を達成した佐賀学園の広橋礼貴=佐賀市のさがみどりの森球場(撮影・米倉義房)

 第68回NHK杯佐賀県高校野球大会最終日は1日、佐賀市のさがみどりの森球場で決勝があり、佐賀学園の主戦広橋が無安打無得点試合を達成。

北陵を4―0で破って、6年ぶり10度目の優勝を果たした。

 今大会の結果をふまえ、夏の選手権大会の第1シードには、昨秋と今春の県大会を制した東明館、第2シードには今大会優勝の佐賀学園が入った。第3シードは秋と春の県大会で4強入りした佐賀北、第4シードは今大会準優勝の北陵に決まった。

【関連記事】
このエントリーをはてなブックマークに追加