9月16日の任期満了に伴う多久市長選について、市選挙管理委員会(中原博秋委員長)は1日、8月29日告示、9月5日投開票とする方針を確認した。議員辞職に伴う市議補選(欠員1)も同日程で、6月末までに正式決定する。

 市長選は、現職の横尾俊彦氏(65)=6期、北多久町=が3月定例議会で7選を目指す意向を示した以外は、出馬を表明した立候補予定者はいない。名前が取り沙汰されていた現職の市議2人は、いずれも立候補に否定的な考えを示している。元市職員を推す声もあるが、具体的な動きにはつながっていない。

 市議補選は、無所属の新人1人が立候補の意向を示し、後援会の組織づくりを進めている。

 1日現在の選挙人名簿登録者数は1万5942人(男性7501人、女性8441人)。立候補届け出事務説明会の日程も6月中に決まる。(谷口大輔)

このエントリーをはてなブックマークに追加