大好きなバラを花瓶に生ける草野さん

 バラが咲き誇る小城市畑田の草野カツヨさん(75)の50坪ほどの庭。草野さんはオープンガーデンがあればガーデニング仲間と遠くでも見学に行き、それらを参考にして造った。ガーデンチェアと木製の空ドラムを利用したテーブルが真ん中に置かれ、花を眺めながらお茶もできる。

 庭では色とりどりの花が咲き誇るが、12年前に39歳で亡くなった娘さんが闘病中に語った「バラを写真に撮りたい」との一言からバラを多く植えるようになった。

 いろいろなバラを見ながら名前や特徴などをすらすらと説明する。美しくて芯が強いプリンセスミチコのバラが好きとのこと。花を生けたり、撮った写真をはがきで送ったり、ポプリを作ったりしている。

 草野さんは花に心を癒やされているといい、「タブレットに花の写真を毎年取り込んで、それぞれの花やその時の出来事などを思い出していますよ」と話す。

 (地域リポーター・上原和恵=佐賀市)

このエントリーをはてなブックマークに追加