レトロな雰囲気の「傳庵」の店内=佐賀市大財

「傳庵」の外観=佐賀市大財

 一歩店内に入ると、すぐ目に飛び込んでくるのは、壁面にある格子状の棚に並べられた酒瓶の数々。オレンジの温かい光に浮かび上がりオブジェのようにも見え、レトロな雰囲気を醸し出す土間や囲炉裏(いろり)。こんなお店である「傳庵」(佐賀市大財)は元々旅館のフロントだった部分を「田舎のおばあちゃんち」をコンセプトに、店主の渡邉岳夫さんがバーに改修したお店だそうです。

 お酒の種類は常に変わるため、メニューはなし。お客さんの好みを聞いて、渡邉さんがお酒をセレクトします。常時日本酒20~30種類、焼酎30~40種類、佐賀のお酒はもちろん県外のお酒もあり、大抵のお客さんの好みに合うお酒を出せるそうです。また、目の前の火鉢で炙(あぶ)った干物をおつまみとしていただけます。

 「照明や小物にこだわっているために敷居が高いお店のように思われますが、梅酒1杯だけでも全然OK。大学生から年配の方まで誰でも気軽に来ていただけるお店です」と渡邉さん。2軒目、3軒目、もしくは締めに美味(おい)しいお酒を飲みにふらっと立ち寄り、まるで田舎のおばあちゃんちにいるような懐かしい気持ちに浸る。そんな雰囲気のお店でした。

(「街なかかわらばん」市民ライター・原口美希)

このエントリーをはてなブックマークに追加