交通広場の工事が始まった佐賀駅南口広場西側。駐車場が利用できなくなり、注意を呼び掛けている=佐賀市駅前中央

1日から交通広場の工事が始まった佐賀駅南口広場西側。駐車場が利用できなくなり、注意を呼び掛けている=佐賀市駅前中央

佐賀駅南口の改修

 佐賀市は、JR佐賀駅南口広場に「交通広場」を整備する工事に取り組んでいる。2022年2月下旬までで、タクシー20台が止まるプール(滞留所)と一般車22台の駐車場を設ける。現在の南口駐車場が8日から使えなくなることから注意を呼び掛けている。

 南口駐車場を8日に閉鎖するため、45台の駐車ができなくなる。工事期間中の駐車と迎えの待機については、南口広場から50メートル東側にある「佐賀南口暫定駐車場」、「佐賀駅北口駐車場」を使うよう促す。

 南口の東側に入るために仮設道路工事を17日ごろまで行い、タクシーの利用と一般車両からの降車をできるようにする。駅周辺整備構想推進室は「多くの人に不便をかける。車の乗降位置がこれまでと変わるので気をつけてほしい」と話した。

 南口広場の工事は2段階に分けて実施し、東側には22年3月から同11月にかけて「交流広場」を設ける。(大田浩司)

【関連記事】
このエントリーをはてなブックマークに追加