陸上女子3000メートル決勝 9分45秒49で優勝し、ガッツポーズをする唐津東の小松夕夏=SAGAサンライズパーク運動場補助競技場

 陸上女子3000メートルは、小松夕夏(唐津東)が頂点に立ち、800メートルと合わせて2冠を達成した。2位と1秒差のデッドヒートを制し、「1500の負けがあったから1位が取れた」と笑みを浮かべた。

 本命視された1500メートルは、気持ちが空回りし目標の4分30秒を切れず、2位に終わった。頭を切り替えて臨んだこの日は、「800や1500でつけた力が出せた」。スピード練習の成果が実を結び、会心のラストスパートでライバルを振り切った。

 唐津東中時代、全国中学校体育大会の1500メートルで6位入賞を果たした実力者。高校では1500メートルと3000メートルを強化し、その素質を進化させた。

 「全国」を懸けた九州大会に向けては、「スパートのタイミングやスピードをさらに磨き、積極的なレースをしたい」と力強く語った。(西浦福紗)

このエントリーをはてなブックマークに追加