陸上男子200メートル決勝 21秒46で優勝した佐賀工の田中翔大=SAGAサンライズパーク運動場補助競技場

 佐賀工の田中翔大が陸上男子200メートルを制した。100メートル、400メートルリレーを合わせ3冠を達成。レースを終え「一つ一つに全力で臨んだら、結果がついてきただけ」と冷静に受け止めた。

 昨年8月、全国高校リモート選手権県大会の100メートルで10秒53を出した。U20日本選手権の標準記録を突破し、参加資格を得たことで「200でも戦いたい」と強く意識。スピードを維持する練習などを重ねてきた。

 200メートルの結果は21秒46で標準記録の21秒35には届かず、「後ろの選手に後半詰められてしまった」と悔しさをにじませた。課題だった前半の入りは加速度が増し、手応えも感じた。「次は標準記録を切って、県記録の更新も目指したい」と照準を定めた。(西浦福紗)

このエントリーをはてなブックマークに追加