第59回佐賀県高校総合体育大会第4日は31日、佐賀市のSAGAサンライズパークで3競技が行われ、バレーボール男子は佐賀学園が4大会連続で制し、女子は佐賀清和が2大会ぶりの栄冠に輝いた。

 陸上男子200メートルは田中翔大(佐賀工)、女子200メートルは永石小雪(佐賀北)が制覇。女子3000メートルは小松夕夏(唐津東)が頂点に立った。

 テニス男子個人ダブルスは橋本壮生・酒井大輔組(佐賀西)、女子ダブルスは武藤ひまり・毛利優奈組(佐賀商)が優勝。武藤は個人シングルスも制し、団体と併せて3冠を達成した。男子シングルスは四枝郁人(早稲田佐賀)が制した。

 第5日は1日、同パークなどでサッカーとバスケットボールが行われる。

このエントリーをはてなブックマークに追加