ウェブを通して佐賀県とやり取りをした国土交通省の足立基成幹線鉄道課長(右)=東京都内

九州新幹線長崎ルートの整備方式に関する「幅広い協議」に臨んだ佐賀県の山下宗人地域交流部長(左)=県庁

 国土交通省は31日、九州新幹線長崎ルート新鳥栖-武雄温泉の整備方式に関する佐賀県との「幅広い協議」の性格に関し、「与党の求めるフル規格を実現するための協議ではなく、佐賀県の合意がない限り前に進めない」とし、従来通り、与党方針とは一線を画して協議する考えを示した。

 今春に県地域交流部長に就任した山下宗人氏が初めて国交省との幅広い協議に臨んだ。山下部長は冒頭、5月26日の与党の会合でフル規格での整備に向けた対応方針が示されたことについて「強い違和感がある」と切り出した。

 山下部長は、山口祥義知事が与党の会合で「フル規格を求めていない」と再三意見を述べたのにフル規格での整備方針が示されたこと、赤羽一嘉国交相から山口知事への「県の意向を踏まえ、幅広く協議したい」との呼び掛けに応じて協議の場が設定された経緯を説明した。「この協議が与党の求めるフル規格実現のための協議ではないこと、佐賀県の合意がない限り方針決定や事業化に向けた手続きをしないことを確認したい」とただした。

 国交省の足立基成幹線鉄道課長は「整備新幹線の事業や政策を進めるに当たっては、与党で方針を決め、それを政府与党全体の方針として進めてきた事実があるが、県との幅広い協議の趣旨がこれまでと変わることはない」と答えた。(栗林賢、山口貴由、円田浩二)

【関連記事】
このエントリーをはてなブックマークに追加