九州新幹線長崎ルートの新鳥栖-武雄温泉の整備方式を巡り、国土交通省は31日、フル規格で整備する場合、政府与党が推す佐賀駅経由のルートに加え、佐賀市南部の佐賀空港経由ルートと、市北部の長崎自動車道沿いのルートも比較検討する考えを示した。佐賀県が、整備費や時間短縮効果の試算だけでなく、長期的に将来の整備効果を示すよう提案した。県側から何らかの検証を国に求めるのは初めて。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加