本棚が並ぶ図書館をイメージしたという店内は洗練された雰囲気

 

 佐賀の空の玄関口「九州佐賀国際空港」。そのターミナルビル2階の物販エリアが、4月28日にリニューアルオープンしました。物販エリアにある3つのテナントのうち、今回新しくオープンしたのがスーベニアショップ「sagairサガエアー」。佐賀の銘菓や地酒といった食品から陶磁器、民芸品など、県内各地から集めたさまざまな商品が並びます。グリーンに統一された内装や什器じゅうきは、本がぎっしりと詰まった図書館の本棚をイメージして設計。本棚からお気に入りの一冊を探し出すような、ワクワクするような気持ちで土産選びを楽しめます。

かわいらしいイチゴをプリントした「SAGASU 天吹 純米吟醸いちご酵母」(180ml 638円)

 店内に並ぶ900を超えるアイテムの中でも、ぜひチェックしておきたいのがオリジナルブランド「SAGASU」。「すっぴん、すなお、そぼく」をコンセプトに、佐賀海苔ノリや小城羊羹ようかん、うれしの茶、日本酒など、県内の事業者とのコラボレーションから生まれた商品が並びます。シンプルでキュートなパッケージは、大阪を拠点に活動する「UMA/design farm」がデザイン。佐賀の特産品が持つ魅力を素直に表現していて、贈り物としても喜ばれそうです。

 

「HOZU BAG バルーントート」(右・5390円)、「HOZU BAG バルーンサコッシュ」(3850円)。実際に使用されたバルーンの球皮を再利用しているため、同じものは一つもない

 思わず目を引かれる鮮やかな色合いのトートバッグとサコッシュは、佐賀インターナショナルバルーンフェスタで実際に使われた、地元のバルーンクラブチーム「B.C SKY‐FAN」の球皮を再利用したもの。ファッションブランド「THEATRE PRODUCTS」が手がけるSDGs認定事業「HOZUホズ BAGバッグ」とのコラボレーションで誕生しました。佐賀平野の大空を舞ったバルーンから生まれたバッグは、まさに佐賀を象徴する一品。軽量かつ丈夫で使いやすく、末永く愛用できそうです。
 「県外からの観光客はもちろん、佐賀の人たちにも利用してほしいですね」と話すのは、同施設を運営するさが県産品流通デザイン公社のスタッフ。佐賀が誇る逸品が一堂に集まるsagairは、県民の私たちにとっても地元の魅力を再発見できる場所になりそうです。

DATA sagair

住所:佐賀市川副町犬井道9476‐187
   九州佐賀国際空港旅客ターミナルビル2階
電話:0952‐46‐2080
営業:8:30~最終便出発15分前
   ※フライト状況によって変わるのでHPをチェック
駐車場:空港駐車場利用
HP:https://sagair-saga.com/

このエントリーをはてなブックマークに追加