神戸―鳥栖 前半、鳥栖・樋口(左)、松岡(右)と競り合う神戸・イニエスタ=ノエスタ

 サッカー・J1サガン鳥栖は、リーグ公式戦第17節最終日の30日、ノエビアスタジアム神戸で7位のヴィッセル神戸と対戦し、1―1で引き分けた。鳥栖は8戦負けなし。通算成績は9勝6分け3敗(勝ち点33)で4位に下がった。

 首位の川崎は終了間際に小林がゴールを決め、鹿島に2―1で競り勝って勝ち点を52に伸ばした。開幕から20戦負けなしはJ1新記録で、昨季から25試合無敗。2位名古屋は浦和と0―0で引き分けて勝ち点37。横浜Mは清水に2―1で勝ち、勝ち点34で3位に浮上した。G大阪は2―0で横浜FCに快勝して今季初の2連勝。大分は福岡を2―1で破って5試合ぶりの勝利。福岡は8試合ぶりの黒星を喫した。FC東京―広島、徳島―湘南、仙台―C大阪は引き分けた。

 リーグ公式戦第19節(アジア・チャンピオンズリーグ=ACL=の日程変更に伴う変則日程)は、6月2、23日(ほか1試合日程未定)にあり、鳥栖は23日午後7時から、横浜市のニッパツ三ツ沢球技場で横浜Fマリノスと対戦する。

このエントリーをはてなブックマークに追加