「生きている化石」と呼ばれる巨樹「メタセコイア」と佐賀の縁について5月1日付の佐賀新聞で報じたところ、読者の男性から「群生が見渡せる嬉野の展望台に上れなくなっている」との情報が佐賀新聞「こちら さがS編集局」(こちさが)に寄せられた。嬉野市嬉野町の「22世紀アジアの森」にメタセコイアの群生地を望む展望台があるが、立ち入れない状態が続いているという。現地へ向かった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加