山﨑直文署長(左)から感謝状を受ける岩永アキ子さん=武雄市の武雄署

 武雄署は27日、高齢者を保護した武雄市武雄町のパート従業員岩永アキ子さん(71)に感謝状を贈った。

 同署によると、岩永さんは4月29日午前0時20分ごろ、武雄町の市道を車で走行中、雨の中を傘も持たずはだしで歩く80代女性を見掛けた。その後、女性が建物の壁にもたれかかって動けなくなっているのに気付き、車に乗せて近くの武雄署まで向かった。

 岩永さんは「(女性は)声を掛けても話せる状態ではなく、体も冷たかったのでタオルや毛布を借りてとにかく温めた」と振り返る。4年前にも高齢女性を保護して佐賀北署から感謝状を受け取っていて、「ふだんから近所のお年寄りに声掛けをしている。事件や事故に巻き込まれなくてよかった」と笑顔を見せた。

 山﨑直文署長は「発見が遅れると命に関わるケース。人命救助に感謝します」とたたえた。(澤登滋)

このエントリーをはてなブックマークに追加