新体操男子団体 ダイナミックな演技を見せる神埼清明=佐賀市のSAGAサンライズパーク総合体育館

 ○…新体操男子団体の神埼清明は新たな構成の演技で臨んだ。3月の全国高校選抜大会で優勝を経験した主将の石橋知也を中心にタンブリング(宙返り)の高さと切れ味、組体操の動きを取り入れたダイナミックな展開をほぼノーミスでまとめた。

 今後の大会を見据え、まだ創作途中の段階にあるという新構成の演技。メンバーはタンブリングや組体操の動きに磨きをかけるだけでなく「体の伸びや、強弱を付けた動きなどもアピールしていきたい」と石橋。美しさも兼ね備えた演技を日々追求している。

 全国選抜に続く栄冠に期待がかかるが、石橋は「既にリセットしている。きょうは初心の気持ちで臨んだし、ここをスタート地点としてダッシュをかけていきたい。(全国総体出場のかかる)九州大会へさらに精度を高めていく」と力強く結んだ。(古川公弥)

このエントリーをはてなブックマークに追加