少林寺拳法女子組演武で優勝した武雄の古賀文奈(左)と佐藤彩音=武雄高体育館

 ○…少林寺拳法女子組演武は、武雄の佐藤彩音・古賀文奈組が優勝した。自由組演武で互いの距離感がつかめなかったことを反省しながらも、「優勝できて本当によかった」と顔を見合わせた。

 通常は基礎体力の強化を主眼に単独トレーニングを積んでいるが、大会前、一緒に練習すると「技を受け止めてくれる」「組み手がしっくりくる」と、パートナーへの信頼度を高めた。

 3月の全国選抜で7位と実力は申し分ない。次は九州大会で優勝、全国大会ではベスト6入りの入賞と高みを見据える。「ビデオで動きをチェックして、目標に向けてしっかり準備したい」。心を通い合わせた二人は、表情を引き締めた。(澤登滋)

このエントリーをはてなブックマークに追加