山口祥義知事に(中央)今シーズンの報告をした佐賀バルーナーズの選手ら=佐賀県庁

 バスケットボール男子・Bリーグ2部(B2)の佐賀バルーナーズを運営するサガスポーツクラブ(佐賀市)の竹原哲平社長や選手らが28日、佐賀県庁を訪れ、山口祥義知事に来季の活躍を誓った。

 バルーナーズは今季、B2に初参戦した。西地区の3位で、B1昇格を懸けたプレーオフに進出した。

 知事を訪問したのは竹原社長のほか、井上諒汰主将と小松秀平主将。山口知事はプレーオフに進出したことに「階段を一つあがった」と話し、来季の活躍を期待した。

 井上主将は「来季は、応援の力を借りながら一丸となってB1に上がれるようプレーをしたい」と意気込んだ。小松主将は「来季も県民の皆さんと共に戦いたい」と話した。(岩本大志)

このエントリーをはてなブックマークに追加