青空の下、和気あいあいとプレーを楽しむ参加者ら=鹿島市の蟻尾山公園グラウンド・ゴルフ場

 健康増進を目指す「第30回佐賀新聞杯鹿島・嬉野・太良地区グラウンドゴルフ個人選手権大会」が29日、鹿島市の蟻尾山公園グラウンドゴルフ場であった。約300人がプレーに参加し、和気あいあいと楽しんだ。

 爽やかな青空の下、60代~90代の愛好家らが24ホールの合計打数を競った。選手らは、狙いを定めて思い切りよくスイング。はつらつとコースを回り、汗を流していた。

 Aパートは諸上四郎さん(79)=鹿島市=が50打、Bパートは土井フサ子さん(81)=同=が54打でそれぞれ優勝した。

 大会は鹿島・嬉野・太良地区の佐賀新聞販売店と鹿島市グラウンド・ゴルフ協会が主催した。最高齢者賞は、男性が青木幸平さん(91)、女性は増田シヅ子さん(86)だった。(中島幸毅)

このエントリーをはてなブックマークに追加