平成23年3月に発生した「東日本大震災(だいしんさい)」から10年が経(た)ちました。「東日本大震災」では、津波(つなみ)によって多くの方が亡(な)くなられ、建物もたくさん壊(こわ)れました。この地震(じしん)によって、「災害(さいがい)はいつ発生するかわからないこと」「災害が起これば、多くの大切な命が失われること」を思い知らされました。
 また、九州でも平成28年の熊本(くまもと)地震、令和(れいわ)2年には大雨による災害で多くの人が亡くなられています。
 これまで佐賀県(さがけん)は、災害が少ない県と言われてきましたが、佐賀県にも地震を発生させる「活断層(だんそう)」があり、大きな地震が発生する可能性(かのうせい)があります。
 また、佐賀県では3年連続で「大雨特別警報(けいほう)」が発表されており、今年も同じように大雨が降(ふ)れば、川の水が溢(あふ)れたり、建物が壊れるなどの大きな災害が起こるかもしれません。
 そこで、大きな災害が発生した場合に備(そな)えて、大切な「命」を守るために家族みんなで「災害」について考えておくことが大切です。
 「自分が住んでいる地域(ちいき)ではどういう災害が発生するのか」
 「避難(ひなん)する場所はどこにあるのか」
 「食べ物や飲み物はどのくらい確保(かくほ)しておけばいいのか」
 「家族とどうやって連絡(れんらく)をとりあうのか」
 災害への対策(たいさく)は、事前の「備え」(準備(じゅんび))が大切です。
 自分と家族の「命」を守るために、どのように行動すれば安全に避難できるのか、家族で話し合ってみましょう。
(佐賀県警察本部警備第二課 高取泰斗(たいと))

このエントリーをはてなブックマークに追加