鶴田英司さんからさまざまな話を聞く中学生=大町町の大町自動車学校

 中学生が地域(ちいき)の未来計画をつくる佐賀(さが)新聞(しんぶん)社の「さが未来発見塾(じゅく)・大町町編(へん)」のワークショップが16日、大町自動車学校であった。同校代表(だいひょう)取締役(とりしまりやく)の鶴田(つるだ)英司さん(47)から地域活性(かっせい)化やにぎわいづくりのために取り組んできたイベントなどを取材し、将来(しょうらい)ビジョンを描(えが)くヒントを探(さぐ)りました。
 鶴田さんは、学校の教習車をアニメのキャラクター入りの「痛車(いたしゃ)」にしてイベントを開いたり、ランニングと三輪車と階段(かいだん)ダッシュを組み合わせた「ツール・ド・フクモ」を実施(じっし)した経験(けいけん)を紹介(しょうかい)。資金(しきん)を募(つの)るクラウドファンディングを活用した経緯(けいい)も振(ふ)り返(かえ)り、「話題をつくり、町を盛(も)り上(あ)げたかった」と話しました。
 東京の企業(きぎょう)で働いていましたが、「自分の人生を楽しもう」と家業の自動車学校を継(つ)ぎ、起業の支援(しえん)やM&A(企業の合併(がっぺい)・買収(ばいしゅう))にも取り組んでいることを説明しました。「大町には物事を落ち着いて考えることができる空気や景色がある。『何にもない』というが、都会へのアクセスも良く、結構(けっこう)便利」と町の魅力(みりょく)も伝えました。
 参加した中学生は「町が元気になるにはどうしたらいいでしょうか」などと質問(しつもん)を重ねました。鶴田さんは「周りから『面(おも)白(しろ)いことがありそう』と期待されることが大切」と強調しながら、「夢(ゆめ)を応援(おうえん)してくれる町がいい町。みんなも夢を持ち、行動を起こして」と呼(よ)び掛(か)けました。
 大町町の発見塾には中学生10人が参加。地域を学び、住民らに取材を重ねて「未来計画」をまとめ、町に提出(ていしゅつ)します。(18日付17面・小野靖久)

このエントリーをはてなブックマークに追加