テニス男子団体決勝・早稲田佐賀―佐賀商 第2シングルスで勝利し優勝に貢献した早稲田佐賀の四枝郁人

 ○…テニス男子団体は、早稲田佐賀が佐賀商を2-0で下し、4大会連続で頂点に立った。初戦から一つも落とさない完全勝利。四枝郁人主将は「背中でチームを引っ張っていく姿を最高の舞台で見せられた」と額の汗を拭った。

 ダブルスの岡本宗磨・宗藤伸哉組が力強いショットを武器に先取すると、シングルスの四枝も躍動。安定したストロークと運動量で主導権を握り、相手を寄せ付けなかった。

 昨年のSSP杯に出場できなかった卒業生の思いも背負って臨んだ。「先輩たちの伝統を引き継ぐことができたのが何よりもうれしい」と四枝。全国の舞台でも全力を尽くすことを誓った。(井手一希)

このエントリーをはてなブックマークに追加