柔道女子団体決勝リーグ・佐賀商-小城 大将戦で、技ありを奪う佐賀商の橋口茉央(上)。そのまま押さえ込み一本勝ち=基山町総合体育館

 ○…柔道女子団体は佐賀商がオール一本勝ちで頂点に駆け上った。井上安弘監督は「新人戦や選手権の結果に満足せず、全国で勝つんだという気持ちでやってきたことがよかった」とたたえた。

 2年の先鋒・永松莉菜、中堅・水間仁子と、全国選抜で優勝した3年の大将・橋口茉央を中心に挑んだ。持ち味の攻めの柔道で一本勝ちを重ね、決勝リーグでも圧倒。王者の風格を見せつけた。

 橋口は「隙をつくらずに戦えた。優勝できてとてもうれしい。ここから日本一を目指したい」と笑顔を弾けさせた。(草野杏実)

このエントリーをはてなブックマークに追加