鳥栖市は28日、隣接する福岡県の緊急事態宣言延長を受け、31日までの予定だった市内60の公共施設の利用制限を当面、延長することを決めた。体育館や図書館、運動広場などで、県外在住者の利用などを制限する。夏季だけ開設している四阿屋遊泳場、市民プールなど4カ所も今夏の開設は中止することを決めた。(樋渡光憲)

このエントリーをはてなブックマークに追加