2年ぶりに開催された佐賀県高校総合体育大会。初日の剣道女子団体で初優勝を果たし、抱き合って喜ぶ佐賀女子の選手たち=佐賀市の諸富文化体育館ハートフル(撮影・山田宏一郎)

 高校スポーツの祭典、第59回佐賀県高校総合体育大会が28日、開幕した。新型コロナウイルスの感染拡大で昨年は中止となり、全国総体出場を懸けた戦いは2年ぶり。選手たちは頂点を目指し、6月3日まで県内各地で熱戦を繰り広げる。

 30競技32種目に42校約6400人が出場。新型コロナの感染予防策として、施設の構造や参加校数などに応じて競技ごとに入場を制限する。12競技13種目は無観客で実施し、一部は県教育委員会と佐賀新聞社などが協力してオンライン配信する。

 第1日は14競技を行い、剣道女子団体で佐賀女子が初の栄冠に輝いた。29日は陸上やラグビー、バスケットボールなど29競技30種目を行う。(古川公弥)

このエントリーをはてなブックマークに追加