嬉野市は28日、6月4日開会予定の定例議会に提案する本年度一般会計補正予算案や専決処分の承認など23議案を発表した。補正額は6123万3千円で、補正後の総額は前年同期比7・7%減の189億4134万2千円。

 主な事業は、新型コロナウイルス対策として小中学校の換気対策などの物品費や、修学旅行や宿泊学習で3密を避けるためのバス増便に869万5千円、地域コミュニティ活動への助成に740万円、消防団員用の編み上げ長靴導入に167万1千円など。このほか、報告5件を提案する。(古賀真理子)

このエントリーをはてなブックマークに追加