◆受け入れ態勢、整備進まず◆移動手段、準備不足目立つ 九州電力川内原発1号機の再稼働準備が進む中、過酷事故時の住民避難態勢の整備は道半ばのままだ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加