東京電力福島第1原発事故の反省から生まれた新規制基準の施行から8日で丸2年。再稼働反対の世論が今も根強い中、政府や電力会社は原発の運転再開に突き進むが、その「錦の御旗」とする原子力規制委員会の審査合格は決して安全対策の終着点ではない。今後も取り組まねばならない課題が山積しているのが現状だ。