国土交通省と佐賀県が整備方式を協議している九州新幹線長崎ルート新鳥栖―武雄温泉を巡り、赤羽一嘉国交相は28日の閣議後会見で、国交省と県が31日に「幅広い協議」に臨むことを踏まえ「来年秋には武雄温泉と長崎間の新幹線ルートが開業予定だ。そのことを意識しながら一つ一つの課題について佐賀県としっかり議論し、いい知恵を出していきたい」と述べた。

 与党検討委委員会は26日、県の財政負担を軽減する方針や、並行在来線はJR九州が運行を維持することが望ましいとする方向性を確認した。これに関し赤羽氏は「諸課題について意見交換されたと承知している」と述べるにとどめた。

 地方創生や減災防災の観点から「新幹線ネットワークをつなげていくことは大変重要だと考えている」とし「九州、西日本地域の未来にとってどのような整備のあり方が望ましいか、議論を積み重ねたい」と話した。(山口貴由)

このエントリーをはてなブックマークに追加