自民党の岩田和親衆院議員(比例九州・佐賀市)は27日の原子力問題調査特別委員会で、原子力防災の改善、向上に関する政府の取り組みについて質問した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加