よりみちステーションを運営するメンバーの皆さん

 武雄市内で子どもの居場所づくりを始めて10年が経ちました。特にプログラムのない自由な時間や、ホッとできる第3の居場所をつくりたいと思い、地域のボランティアの方々と共に活動しています。

 ランドセルをおろして外遊びを始める子、宿題を始める子など過ごし方は自由です。この10年間で社会は目まぐるしく変わり、生活スタイルも変化しています。その分、子どもたちにしわ寄せもあります。

 時代に即した活動をしながら、あえて変化しない「何もしない時間」を大切に、これからも活動していきます。

(地域リポーター・永松直子=江北町)

 

 小林 由枝さん(49)=代表

 子どもも大人も、ひま・むだ・すきまの中で育ちあい、緩やかにつながるコミュニティーをつくります。

 

 古賀 裕美さん(49)

 持ち寄った気持ちがありのまま十色だからこそ、楽しいひとときが過ごせるよりみちステーション。

 

 武富 むつみさん(47)

 よりみちしてくれるみんなの「ただいま」と思えるホッとできる場所になりますように!

 

 川原 あずささん(40)

 子どもたちがイキイキと遊ぶ姿が幸せそうで、見ているとうれしくなります。みんなのびのび育つといいなあ。

 

 平野 智絵子さん(35)

 いつもホッとできる雰囲気で、子どもたちも私も穏やかな気持ちになれます。ずっと続いてほしいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加