見頃を迎えたラベンダー=有田町の深川製磁チャイナ・オン・ザ・パーク

 有田町原明の深川製磁チャイナ・オン・ザ・パークで、イングリッシュ・ラベンダーが見頃を迎えている。丘の斜面で約3千株が紫色のかれんな花を咲かせている。6月初めまで楽しめるという。

 ラベンダーガーデンは、深川製磁の2代目社長、深川進氏の妻で、北海道出身の敏子さんをしのんで設けられた。梅雨入りが早くて気温が上がらなかったため、例年より開花が1週間ほど遅れたという。

 ガーデンの階段や通路の板が傷んでいて、中に入らずに丘の下など周りからの観賞を呼び掛けている。(古賀真理子)

このエントリーをはてなブックマークに追加