佐賀県は27日、新型コロナウイルスに感染して県内の医療機関に入院していた重症患者1人が亡くなったと発表した。県内での死者は計19人になった。県によると、亡くなった人の年齢は60代から70代。

 また、三養基郡基山町の有料老人ホーム「セカンドライフさくら」で、これまでに職員と入所者計7人の感染が確認され、クラスター(感染者集団)が発生したとの認識を示した。

【関連記事】
このエントリーをはてなブックマークに追加