木々は生い茂り、鳥のさえずりが響いていた。唐津市厳木町浪瀬の山道を登った先にある「浪瀬窯」。静かな環境の中、唐津焼作家の竹花正弘さん(47)は黙々とろくろに向き合って制作している。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加