新型コロナウイルスの影響で開催に懐疑的な見方が出ている東京五輪・パラリンピックを巡り、佐賀県の山口祥義知事は26日の会見で「判断すべき人がしっかり判断すべき」と述べ、状況を注視する考えを示した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加