九州新幹線長崎ルート新鳥栖-武雄温泉の整備方式に関する佐賀県と国土交通省による4回目の「幅広い協議」が31日、初めてウェブ形式で開かれる。

 昨年10月23日以来、約7カ月ぶりの開催となる。4月に県地域交流部長に就任した山下宗人氏が初めて出席する。国交省からは過去3回と同様、足立基成幹線鉄道課長が参加する。

 新型コロナウイルスの影響を考慮して初めてウェブ形式で開き、報道機関に公開される。(栗林賢)

【関連記事】
このエントリーをはてなブックマークに追加