佐賀県内は27日未明から朝にかけて、梅雨前線の影響で大気の状態が不安定になり、局地的に雷を伴った1時間に50~60ミリの非常に激しい雨が降る恐れがある。佐賀地方気象台は、土砂災害や河川の増水などへの注意を呼び掛けている。

 気象台によると、26日夜に東シナ海で梅雨前線上に低気圧が発生し、27日朝にかけて発達しながら九州北部付近を通過する見込み。27日午後6時までの24時間降水量は、多いところで南部150ミリ、北部120ミリを予想している。

 小城市は大雨による土砂災害の恐れがあるとして、26日午後5時に自主避難所2カ所(小城町、牛津町各1カ所)を開設する。

このエントリーをはてなブックマークに追加