定例記者会見で、九州新幹線長崎ルートや聖火リレーの総括などの質問に答える山口祥義知事=26日午前、佐賀県庁

 九州新幹線長崎ルートの新鳥栖-武雄温泉間を巡り、与党検討委員会がフル規格での整備に向けて在来線や地方負担について「検討の方向性」を示す動きがあることに関し、佐賀県の山口祥義知事は26日の定例会見で「与党が佐賀駅経由のルート前提のフル規格としか思えない主張で、佐賀県の主張をつぶされるのはすごい違和感だ」と批判した。

 山口知事は「今、佐賀県が向き合っているのは『幅広い協議』だ」と特定の整備方式を前提にしない国土交通省との協議を重視している姿勢を強調した。与党が佐賀駅経由のルートのフル規格を前提とした検討の方向性を示すことに関し、「(幅広い協議で)もっと大きな視点で考えたいと思っている」と与党側の動きをけん制した。

 与党検討委は26日午後に会合を開き、「フル規格での整備にめどを立てる」目的で(1)在来線(2)地方負担(3)ルート(4)地域振興の4点について、検討の方向性を示す見通し。在来線については「JR九州が関与することを基本とする」、地方負担は「さらなる貸付料財源等を検討」、ルートは「佐賀駅を通るルートが適当」などと踏み込んでいる。(栗林賢)

【関連記事】
このエントリーをはてなブックマークに追加