団体は佐賀東と牛津が出場。2校の実力は拮抗(きっこう)し、白熱の優勝争いを繰り広げそうだ。佐賀東は3月の全国選抜大会で3位と躍進。主将の德永風香、スピードを生かした打突が持ち味の米光詩、ジュニアから競技を続ける内田優を中心に、春に続く全国舞台を目指す。

 牛津も主将の福田千乃や溝口羽菜ら実力者ぞろい。佐賀東が全国選抜出場を決めた昨年11月の県新人大会では1-2で競り負けており、雪辱を期す。

 個人は両校と嬉野の22人がエントリー。佐賀東の米光や内田、牛津の溝口や山口真実らが上位争いの中心となりそう。演技は佐賀東と牛津の14組が出場する。

このエントリーをはてなブックマークに追加