九州電力は10日、川内原発1号機(鹿児島県薩摩川内市)の原子炉への核燃料157体の装填(そうてん)作業を完了し、炉内で適切に配置されていることを原子力規制委員会とともに確認した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加