配信予定日と競技種目

 28日に開幕する第59回佐賀県高校総合体育大会で、無観客で実施される競技の一部について、佐賀県教育委員会と佐賀新聞社などが協力してオンライン配信を行うことが25日、決まった。無観客開催の12競技13種目のうち9競技9種目を佐賀新聞社などのウェブサイトで中継する。

 新型コロナウイルスの感染対策のため保護者らが会場に入れない競技種目のうち、バスケットボール、卓球、バドミントン、弓道、ボクシング、競泳、新体操の7競技7種目は佐賀新聞社のウェブサイトで配信。空手道とテニスはサガテレビの動画サイトで中継される。配信する試合内容や開始時間などは競技種目によって異なる。

 2年ぶりの開催となる県高校総体は28日から6月3日までの7日間にわたり、30競技32種目を実施する。新型コロナの感染対策として、競技ごとに「無観客」「制限付きで入場を許可」「観客立ち入り禁止エリアを設定」の三つのカテゴリーに区分して行われる。

 佐賀新聞社は、県高校総体などの代替大会として昨年開かれた「SSP杯県高校スポーツ大会」でも、無観客で実施された競技の一部を県などと協力してオンライン配信した。(志垣直哉)

このエントリーをはてなブックマークに追加