佐賀番傘川柳会(横尾信雄代表)が句集『むつごろ』の716号を発刊した。前月号近詠鑑賞は真島凉さんが選句した。

 近詠鑑賞は真島さんが信雄さんの「闇の世へ正論のペン光らせる」、多聞さんの「待つという楽しさもある春の音」などを選んだ。

 リレー随筆は真島凉さん「16歳と川柳」と真島芽さん「14歳と川柳」。横尾さんは巻頭で、壺井栄の「二十四の瞳」を語る。真島久美子さんが「メルカリに晒す貧しい部屋の床」で中部地区誌上川柳大会の地賞、「悪者が桃の匂いをさせて来る」で卑弥呼の里誌上川柳大会の特選を受けた。(花木芙美)

このエントリーをはてなブックマークに追加