【男子】新人戦の団体、個人を制した敬徳と北陵の争いになりそう。敬徳は思い切りが持ち味の主将永島健誠や2年の古庄光佑を軸に、力のある3年生が脇を固める。北陵は1月の全日本選手権ジュニアの部に出場した江藤冴弥と牧山涼太がチームをけん引する。

 【女子】中学時代を含め全国大会経験者がそろう敬徳が抜きん出ている。3月にあった県新人大会の個人覇者で勝負勘に優れる小林芽依と同3位の中村しずな、フットワークを生かした攻めが持ち味の高村幸佐ら層が厚い。追う佐賀商は、新人大会個人3位に入った末次由依らを軸に上位をうかがう。

このエントリーをはてなブックマークに追加